ブログトップ
礼文島で釣りこけし
e0111971_1620462.jpg

「おみやげこけし」の楽しいところは、小さなこけしを部屋に並べているだけで、色々な観光地を旅行できてしまうところです。
昭和の時代、旅行土産の定番のひとつだった「おみやげこけし」をもらった人は、その「こけし」から、相手が旅行してきた土地のことをいろいろと想像したことでしょう。
あるいは、誰かのためにではなく、自分のためにこけしを求め、旅行から帰るたびに「こけし」が増えていくという人もいたかもしれません。
「おみやげこけし」は、いつでも旅の思い出とともに存在していたのです。
そんな「おみやげこけし」を蒐集することは、昔の人たちが旅行の都度に築いた思い出を掻き集めているような仕事なのかもしれませんね。

さて、今回の最初の「こけし」は、裏磐梯五色沼の登山こけし。
山登りのお土産に山登りの「こけし」を買うというのは、かなり正しい行動ですよね(笑)
柵の上に2人のハイカーが一休みしている情景で、寒暖計まで付いています。
お土産にもらって、充分に嬉しい逸品ですね。

e0111971_16201574.jpg

続いて、礼文島の釣りこけし。
釣りをしている人たちの「こけし」というのもひとつのパターンだったようで、様々な観光地で見られるようです。
灯台の元で釣りをしているのは、スタイルから見て、どう考えても地元の人間ですね。
北海道北端に近い礼文島は、利尻島とセットで旅行することの多い島で、高山植物で有名。
でも、きっと釣りをしても楽しいんでしょうね。

e0111971_16202751.jpg

続いて、狩勝峠の5人娘。
5人娘も定番パターンのひとつで、どこの観光地でも通用するものだったようです。
この狩勝峠のものも、空白スペースにバランスの悪いスタンプで、ただ「狩勝峠」と表示されただけのもの。
もっとも、この素朴な表示があることで、旅行者は狩勝峠へ行ったんだと分かりますから、実に重要な表示です。
ちなみに、狩勝峠は石狩と十勝を結ぶ国道38号線上にある景勝地で、日勝峠と並んで、道東と道央を結ぶ重要なロードとなっています。

e0111971_16204067.jpg

さらに、十和田湖の3人釣りこけし。
こちらは船に乗って釣りをしているパターンで、赤い浮きが斬新です。
当時の「こけし人形」の場合、造形の都合からか、こうして足を折り畳んで座っているスタイルのものが頻繁に見られます。
十和田湖で釣りってしたことないですけど、きっと何か釣れるんですよね。
釣りこけしは時間がゆっくり漂っている感じが伝わってきて、癒し度が高い種類だと思います。

e0111971_16205023.jpg

さて、今回の最後は川湯の3匹クマこけし。
道東の屈斜路湖から近い川湯温泉は、阿寒温泉と並んでこの辺りの有名な温泉地で、硫黄山や摩周湖観光などの拠点ともなっています。
昭和40年代のレジャーブーム当時の旅行って、きっと楽しかっただろうなーといつも思うんですよねー。
北海道ということで、クマこけしは定番のパターン、実に良く見かけるものです。
現在の北海道観光のキャラクターとして忘れることのできないキタキツネは、こけし時代のお土産にはほとんど登場しません。
キタキツネが観光大使として登場するのは、「北の国から」以後のことだと思われます。
マー、クマがサケ持っているだけで、あー、北海道のお土産かなーとか分かりますからね。

ということで、今回は日本各地を旅する「こけし」のお話でした。
当時の旅行記なんかを読みながら、「おみやげこけし」に触れていると、もっと臨場感が味わえますよ☆
[PR]
by kels2007 | 2007-01-14 16:48 | こけし人形