ブログトップ
バター飴のクマ人形
e0111971_20292989.jpg

e0111971_20294281.jpg

e0111971_20295743.jpg

e0111971_2030931.jpg

e0111971_20302034.jpg

北海道土産のお菓子と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?
石屋製菓の白い恋人、ロイズの生チョコ、カルビーのじゃがポックル、北海道にもいろいろな人気のお菓子があります。
でも、せっかく北海道に来たのなら、やっぱり食べたいバター飴(笑)
濃厚なバターをたっぷり使って、白い粉砂糖をまぶしたバター飴は、北海道を代表するお菓子です(と僕は信じたい)。

道内旅行のお土産の定番といえばバター飴、という時代が確かにありました。
バター飴は、どういうわけか、クマの形の容器に入れて売られていて、飴を食べ尽くしてしまった後は、クマの人形として遊ぶことができます。

バター飴の開発は昭和6年、「牛酪飴」として売られたのが始まりだそうです。
昭和30年代になって、北海道観光がブームになると、各お菓子メーカーが競うようにバター飴の生産を始め、カワイイ容器とのバランスも良く、バター飴は北海道を代表するお土産お菓子となりました。

今回紹介するクマの人形は、いずれも昭和30年代にバター飴の容器として利用されたもので、メーカーによってクマの顔が違って楽しめます。
特に、写真1枚目と2枚目のクマは、バンビキャラメルの製造でも知られる池田製菓のバター飴のもので、愛らしいクマの表情が観光客の目を喜ばせました。
裏には「北海道名産 池田バンビ バター飴」の表示があります。
バター飴の中でも、もっともポピュラーなものだったようですね。
池田バンビの倒産が伝えられたのは、昨年末のことで、とても残念です。

写真4枚目のクマはウインターキャラメルで知られる古谷製菓のもので、池田バンビとは違ったキュートさがあります。
「北海道銘菓 バター飴」の表示があり、バター飴の人気を見せつけられます。

バター飴が名産だった時代の北海道旅行、きっと楽しかったことでしょうねー。
僕は空っぽになったバター飴のクマを抱えて、昭和の北海道をあちこち巡るタイム・トラベルを楽しんでいるのです☆
[PR]
by kels2007 | 2007-01-14 20:51 | レトロかわいい