ブログトップ
長崎のザボン娘
e0111971_21545875.jpg

仕事に時間を取られて、なかなかブログが書けないでいる間に、いろいろと考えたりしていました。
ひとつは、最初はイマイチじゃないかなーと思っていた昭和のお土産ばかり集めたブログも、やってみると、なかなか楽しいということがわかったということ。
もうひとつは、これまで短期間の集中ブログということで、毎日5個程度のお土産を紹介してきたわけなんですが、あまりにバタバタしすぎていて、ちょっと良くなかったかなーという反省。
時間がなくて、写真1点だけしか紹介できなかったりしたんですけれど、逆にそっちの方がすっきりしていて見やすかったりするなーと感じているのです。
数個まとめて紹介していくと、コメントが適当なものも多かったりして、なんとなくこれはひとつひとつのお土産を軽く流しちゃっているようにも思えてきてしまって、これじゃいかんなーと考えています。
やっぱり、ひとつの記事に1点紹介が基本なんでしょうね。
そうすると、きちんとカテゴリー分けすることもできるし、後から見やすいし。
いつ、何を紹介したかも分からなくなってしまったんじゃあんまりだし、せっかくの機会なんだから、もう少しひとつひとつのスーベニイルに対して、きちんと向き合おうと思います。

ということで、写真は長崎のスーベニイル、ザボン娘です。
昭和レトロなポーズ人形が、突然ザボン売りに変身って感じですねー。
かわいい顔してます。
♪鐘が鳴る鳴る、マリヤの鐘が、坂の長崎 ザボン売り~などという歌が流れてきそうな雰囲気。
もっとも、昭和23年にこの歌がヒットするまでは、ザボン売りというのはいなかったとか。

ところで、実際の北海道で暮らしていて、このザボンの姿を見かけることというのは、ほとんどありません。
デパートの物産展とかに行くと、もしかすると手に入るのかもしれないですね。
「ザボン漬け」みたいな加工品だったら、もっと簡単に入手できるのかもしれません。

各地にこういう名産売りのポーズ人形があったりしたら、楽しかったでしょうねー。
北海道だったら、さしずめ玉蜀黍売り娘ってところでしょうか☆
[PR]
by kels2007 | 2007-01-26 22:12 | おみやげ