ブログトップ
伊豆シャボテン公園こけし
e0111971_20332254.jpg

今日からスキン画像を変えて、なんとなく昭和レトロっぽくしてみました。
ていうか、そのまんまという感じです(笑)
もともと「紳士のおもちゃ箱」というブログがあって、その別館として「昭和スーベニイル手帖」を立ち上げたのですが、こちらの記事を更新するのに追われて、なかなか両立ができていません。
ということで、思い切って、こちらを更新している間は、本館である「紳士のおもちゃ箱」の方を休館とさせていただくことにしました。
とりあえず、しばらくはこちらに集中したいなーということで、よろしくお願いいたします。

さて、今回のスーベニイルは、伊豆のシャボテン公園のガラスケースこけしです。
小さなガラスケースの中に、サボテン公園がリアルに再現されていて、これはなかなか凝ったお土産だったのではないでしょうか(笑)
最初は、「どうしてシャボテン?」とか思ったりしたのですが、「サケ」も「シャケ」もありじゃんとか言われて、なるほどーと納得です。
公園が開園した昭和34年当時は、まだ「シャボテン」という呼び方の方が一般的だったんですね。
今となっては、「シャボテン」は稀少価値が高くて、絶対にヒットです。

しかし、日本の「こけし」って、どんな観光地に行っても頑なに日本的な服装をしていますねー。
およそシャボテン公園には似つかわしくない格好の人形でも、いかにも「日本人だ」って感じで存在しているから、もう違和感とか通り越しちゃっています。
きっといつか伊豆に行ったら、この「シャボテン公園」に行くこともあるんでしょうねー。
その時までは、このお土産こけしで伊豆のシャボテン公園を楽しむことにしたいと思います☆
[PR]
by kels2007 | 2007-01-31 20:45 | こけし人形