ブログトップ
森永のアップリケ
e0111971_20122454.jpg

全然スーベニイルじゃありませんが、かわいい昭和レトロ雑貨ということで紹介しちゃいますねー。
アンティーク・ショップに埋もれていたところを発掘してきました、懐かしいアップリケです。
森永乳業と入っているので、きっと何かのオマケだったんでしょうね。
なにしろガラクタみたいなものだったので、タダみたいな値段で入手できたので、なんとなくラッキーです(笑)
よく分からないけれど、ウサギさんですねー。
見本を見ながら、とりあえず組んでみたのですが、あまりうまくなかったみたいです。

e0111971_20123956.jpg

続いて、ひよこちゃんです。
小さな部品を組み合わせて作るのって、思ったより難しいんですねー。
これでアイロンかけるのって、すごく大変な感じがします。

e0111971_20125670.jpg

もうひとつ、クマさん、でも、残念ながら肝心のアップリケは紛失しちゃっていました。
もしかすると、お店のゴチャゴチャの中に吸い込まれてしまったのかもしれませんね。

僕が子どもの頃というのは、アップリケがまだ現役で活躍している時代でした。
ジャージやジーパンなんかに穴が空いたりすると、母親がアイロン・アップリケで穴を隠してくれたりしたものです。
今から考えると、あれはオシャレなんかじゃなくて、モノを捨てたりしないための暮らしの知恵だったんですね。
どんどんモノを消費しようという時代が来るまで、日本人はモノをとても大切にする民族だったような気がします。
アップリケもそんな時代の産物だったんですよね。
でも、今となっては、昭和時代のレトロ・デザインに気軽に出会えるので、アップリケはとても嬉しい存在です☆
[PR]
by kels2007 | 2007-02-02 20:29 | レトロかわいい