ブログトップ
<   2007年 02月 ( 73 )   > この月の画像一覧
札幌の「たぬきこけし」
e0111971_19435285.jpg

札幌土産の分福茶釜こけしです。
茶釜からタヌキの尻尾が出ているのが愉快ですねー。
「さっぽろ」というひらがな文字も泣かせます。
札幌のお土産で、こういうユニークなものがあったなんて、昭和という時代の奥深さを確認させられました☆
[PR]
by kels2007 | 2007-02-19 19:47 | こけし人形
花籠をくわえた犬のモール人形
e0111971_18122136.jpg

モール人形のイヌです。
モール人形って、フニャフニャしていて、なんとなく頼りなくて、チープなレトロ感っていう言葉がぴったりですね。
当時の女の子にとってみれば、こういう人形が貴重な存在だったんでしょうか。
ちょっと褪せていますが、犬はピンク色、花が入った籠を口にくわえているあたりも少女趣味っぽい?
[PR]
by kels2007 | 2007-02-18 18:17 | レトロかわいい
スキーたくちゃん
e0111971_1805111.jpg

忘れた頃に登場する「たくちゃん」シリーズ、今回は「スキーたくちゃん」です。
北海道拓殖銀行のキャラクターとして親しまれた「たくちゃん」の貯金箱は、現在でも人気者のアイテムです。
普通預金口座が、まだもてはやされた時代(バブル時代より前)には、銀行で新しい口座を作ったりすると、ティッシュペーパーとかアルミホイルなんかをくれたものでした。
さらに、それより昔、日本が新しい姿に変わろうとしていた高度経済成長の時代には、各銀行のオリジナルティーを競ったノベルティの貯金箱が、たくさん配られました。
おかげで家庭には、プラスチック製の小さな貯金箱がいくつも並ぶという事態に陥ったものです。
現在は、普通預金口座を作ったくらいでは銀行に相手にされないし、逆に、口座管理が煩わしいという理由から普通口座は銀行にとって敬遠すべき存在だとも言われていますから、窓口で何かをプレゼントしてくれたりなんてことはありません。
大量に生産されて、僅かな入金をしてくれた顧客にも惜しげもなく配布された銀行ノベルティは、日本が豊かになりつつあった時代を記憶していると言えるのかもしれませんね☆
[PR]
by kels2007 | 2007-02-18 18:10 | レトロかわいい
くろんぼ野球こけし
e0111971_17512544.jpg

クロンボをモチーフにした野球こけしです。
ちなみに、「登別」と入っているので、登別温泉のお土産だったみたいですね。
バットとボールが主人公で、バットには「Bat」、ボールには「Homerun」と入っています。
つまり、バットがボールを強く打ってホームラン、というのが、この「こけし」の筋書きのように思えます。
わざわざクロンボを用いているのは、やはりメジャーリーグ(当時は大リーグ)のパワーを強調するため、あるいは、助っ人外人の恐ろしさを思い知らせるためだったのでしょうか。
微妙にぴったり合っているところが、この「こけし」の素晴らしさなんでしょうね。
そして、この「こけし」が登別温泉のお土産屋さんにさりげなく並べられていたというアンバランスなミスマッチも☆
[PR]
by kels2007 | 2007-02-18 17:58 | 南国テイスト
日本平の「みかんこけし」
e0111971_17434380.jpg

静岡県日本平の「みかんこけし」です。
日本平は「みかん」の産地としても知られているので、これは正しいお土産系ということになりますね。
お母さんミカンと一緒に、小さな子どものミカンもいます。
ミカンはフルーツこけしの中でも、リンゴと並んで定番のモチーフで、黄色が明るい雰囲気を生み出しているので、コレクションの中にいくつか入っていると、部屋が明るくなるみたいです。
緑色の葉に黄色いミカンがなっている光景って、本当に爽やかでいいですねー☆
[PR]
by kels2007 | 2007-02-18 17:48 | こけし人形
鬼怒川温泉「かんぴょうこけし」
e0111971_23472566.jpg

かんぴょうが名産の「鬼怒川温泉こけし」です。
こけし人形にはいろいろな果物や野菜をモチーフにしたものがありますが、「かんぴょう」もまたこけし人形になっているんですねー。
しかも、結構かわいいです、これ。
考えてみたら、「かんぴょう」って乾物しか見たことがないような気が(笑)
ということで、早速「かんぴょう」で検索してみました。
なんと、「かんぴょう」はこんなに丸い実だったのかー!(←無知)
お、ということは、この「かんぴょうこけし」は、きちんと「かんぴょう」を表現していたのですねー。
「こけし」から広がる見聞(笑)
もっと旅をして勉強しなくちゃだめだなー☆
[PR]
by kels2007 | 2007-02-17 23:55 | こけし人形
「ウサギこけし」
e0111971_23394668.jpg

せっかくなので、兎型のこけしをもうひとつ。
さっきの「ピョンちゃんこけし」と、とてもよく似ているけれど、「エスエス」と書いていないからやっぱり関係ないと思われるウサギちゃんです。
もしかして、ピョンちゃんをパクった真似っこかーとか思いますけれど、別にどうでもいいです。
まー、ピョンちゃんに比べて、ちょっと目が怪しいですけど(笑)
でも、こういう小さな「こけし」をたくさん集めるのって、やっぱり楽しい趣味ですねー。
僕はまだビギナーですけど、長年こういうのを集めていると、いろいろなタイプのものに出会えるんでしょうねー☆
[PR]
by kels2007 | 2007-02-17 23:43 | こけし人形
エスエス製薬の「ピョンちゃんこけし」
e0111971_2331374.jpg

エスエス製薬の企業ノベルティだったと思われる「ピョンちゃんこけし」です。
でも、はっきりいって、ノベルティものには全然詳しくないので、これが本当に「ピョンちゃん」なのかどうかは不詳。
というか、そもそも「ピョンちゃん」ってなに?(笑)

骨董屋さんとかに行って、ノベルティやキャラクターなどの話になって、「レアですよ」なんて言われても、なんのこっちゃって感じでさっぱり分かりません。
「オークションだったらすごい値段がつくよー」って言われても、「へー」で終わりです。
豚に真珠ってこのことでしょうか。

でも、日本人として「ウサギもの」は大好きなので、兎型のこけしには惹かれます。
ということで、この小さなウサギこけしも、古道具屋さんのショーケースの中から我が家へとやって来ました。
はっぴみたいなのに「エスエス」って書いてあるから、やっぱりノベルティなのかな☆
[PR]
by kels2007 | 2007-02-17 23:37 | こけし人形
青森の「林檎こけし」
e0111971_23103146.jpg

青森といったら、やっぱり林檎。
林檎といったら、やっぱり「リンゴの唄」なんでしょう。
敗戦後の日本の混乱期、多くの日本人を勇気づけ、励ましたと伝えられる伝説の歌謡曲が、並木路子の歌う「リンゴの唄」でした。
(「並木路子」という芸名は、もちろん冗談ではありませんでした)
生きることで精一杯だった当時の日本人は、この明るくて爽やかな歌謡曲に、明日への希望を見出したのです。

 赤いリンゴに 口びるよせて
 だまってみている 青い空
 リンゴはなんにも いわないけれど
 リンゴの気持ちは よくわかる
 リンゴ可愛や 可愛やリンゴ


なぜ、どん底の人々が、「りんご」に勇気を与えられたのか。
現代史の分野でも様々な分析がされていますが、歌謡曲と社会が密接に関係した例というのは、いろいろと報告されています。
「なんにも言わないけれど、気持ちよくわかる」というフレーズには、日本人としてのアイデンティティが込められているのかもしれませんね。

さて、今回の青森の「リンゴこけし」には、そんな歴史的名曲の歌詞が記載されています。

僕が子どもの頃、青森まで行くのもちょっとした旅行だったことが思い出されますね。
当時、僕は北空知地方の炭鉱町で暮らしていましたから、まず、鈍行列車で3時間かけて札幌まで移動します。
3時間の旅といったら、結構な時間ですから、冷凍ミカンを買ったり、珍味を買ったりして、札幌までの時間を過ごしました。
札幌からは特急に乗り換えて函館まで移動します。
そして、函館から先は青函連絡船に乗っての移動でした。
ようやく、青森駅に着いた時のなんとなく寂しい気持ちというのを、今でも覚えています。
旅好きな祖母に連れられて、幼い頃の自分はずいぶんと旅をして歩いたような気がします。
青森の記憶は、そんな祖母との2人旅行、ラーメンが食べたくて連絡船の中でせがんでいたら、祖母は「青森に着いたらね」と、子どもの僕をなだめていました。
けれども、青森の街にも、もちろん青森の駅にもラーメン屋などはなく、結局はホームの立ち喰い蕎麦で空腹を満たしたことも、今では良い思い出ですね。

お土産こけしを眺めていると、そんな昔の思い出が、次から次へと思い出されてしまうのです☆
[PR]
by kels2007 | 2007-02-17 23:35 | こけし人形
東京タワーこけし
e0111971_21481266.jpg

国際的な観光地、東京タワーのお土産といえば、やっぱり東京タワーこけしです。
単純なこけしでも、金ピカのタワーがついているだけで、突然高価なお土産に変身してしまいます。
光るものには不思議な魅力があるというのか。
考えてみたら、東京タワーに上ったのもずいぶん昔のことのような気がします。
両脇のこけしは、浅草と二重橋。
やっぱし、外人さんが喜びそうなお土産ですねー☆
[PR]
by kels2007 | 2007-02-17 21:55 | こけし人形